ブログ

自筆証書遺言の書き方<サンプル記事>

自筆証書遺言のルール

自筆証書遺言の一般的なルール

 

自筆証書遺言を書く時のポイントは、次の通りです。

 

  1. すべて自筆で書きましょう
    ※平成31年1月13日から、財産目録については、自筆ではないものを添付可能になりました。
  2. 日付と氏名を自筆し、押印しましょう
  3. 訂正がある場合は、法律に従うか、書き直しましょう

 

法律では、次のように記載されています。

 

(民法968条 自筆証書遺言)

  1. 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
  2. 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

 

法律では、封筒に入れるとは書いてありませんが、改ざんされたと疑われないため、また、改ざんされないためにも、封筒に入れて封印して保管しましょう。

検認手続きについて

 

封印した自筆証書遺言は、開封前に裁判所で検認手続きを受ける必要があります。

検認を受ける前に開封すると民法により5万円以下の過料に処される恐れがあります

保管場所や保管方法には注意が必要です。

 

検認手続きについては、裁判所のページを参照ください。

 

遺言書のご相談、お問合せは、こちらからお願いします。

ページ上部へ戻る